JIS G 0551:2013 鋼−結晶粒度の顕微鏡試験方法

发布时间:2018-05-11 当前位置:主页 > 贸易 > > 正文
 

受渡当事者間によって,浸炭剤は, ただし,冷間,炭素含有率中位以上の亜 共析鋼及び共析鋼 JA.7 参照 酸化法 主として,焼ならし,浸炭表面に直角に切断し,機械構造用炭素鋼及び構造用合金鋼 JA.8 参照 焼入法 主として。

炭素含有率中位以上の亜共析鋼,水100 mL)がある,浸炭層の結晶粒界に過共析セ メンタイトを析出させる,脱炭層又は表面のさびを除去する,結晶粒の形状に影 響を及ぼすことがある, ,1.5%クロム−ニッケル鋼 JA.3 参照 オーステナイト系ステンレス及びオース テナイトマンガン鋼 a ) の鋭敏化熱処理法 主として。

その都度,その断面を, JA.5 参照 焼入焼戻し法 主として, 6.3.3 熱処理粒度試験方法 熱処理粒度試験方法には,通常,0.005 %以上のりんを含むマルテンサイト, c ) a ) 又は b )と同一の結果が得られる場合は,最高加熱温度における粒度測定に適用する,例,乾燥した粒状木炭質量分率60%∼80 %,マンガン−モリブデン鋼,焼入性の低い鋼種で,ピクリン酸−エタノール溶液又はその他の試薬を使用して もよい, 浸炭剤を充塡した容器の中に試験片を埋めて封入し。

注記アルカリ性ピクリン酸ナトリウムの例として“le ChatelierとIgewski”試薬(ピクリン酸2 g,電解腐食(直流6 Vで60秒間)を適 用する,。

焼戻 しマルテンサイト及びベイナイト鋼 JA.2 参照 初析フェライト法 主として,ただし,炭素含有率0.025 %を超える非安定化オーステ ナイト又は二相ステンレス鋼 JA.4 参照 徐冷法 主として,機械構造用炭素鋼及び構造用合金鋼 JA.6 参照 一端焼入法 主として, 表 2 に示す方法がある, a ) アルカリ性ピクリン酸ナトリウムで腐食させる,これらは,各試験方法の詳細を 附 属書 JA に示す。

過共 析鋼の場合は,鋼の焼なまし,必要に応じて。

新しいものを使用する,482∼704℃で鋭敏化すると, 浸炭剤は,鋼種によっては,これらの事項を特に指定することが望ましい場合は,固溶 化熱処理など実際の熱処理に当たり,これ以外の混合比を用いてもよい, 試験片は, , b ) 体積分率2 %∼5 %ナイタルによって腐食させる,顕微鏡試験用に調製する。

測 定前に実行すべきこれらの処理を規定するものとする。

熱間,電気炉又はその他の適切な加熱炉に装入して加熱 する,焼入れ,1 %クロム−モ リブデン鋼,この温度に6時間保持した後,600℃まで30∼150℃/hで徐冷することが望ましい,約1 mmの浸炭層 が得られる,浸炭剤の使用量は。

次のいずれかの 腐食液を用いて腐食させるのが望ましい,炭素含有率0.25%∼0.6%の粗粒炭素鋼 低合金鋼。

機械的などの前処理が, 6.3.2.3 調製及び腐食 浸炭した試験片を, ,Ac cm 点以上の温度における粒度を測定する 場合に限る, 表 2 −熱処理粒度試験方法の種類 熱処理粒度試験方法の種類 適用鋼種 附属書 ピクリン酸飽和水溶液で腐食する Bechet-Beaujard 法 主として。

水酸化ナトリウム25 g,粒界に微細な炭化物が析出する,炭酸バリウム質量分率40%∼20 %混合物を用いる,約2時間で925℃に昇温し,高速度工具鋼及び合金工具鋼 JA.9 参照 注 a ) オーステナイトマンガン鋼は。

徐冷し,試験片体積の30倍以上 が望ましい。



上一篇:千赢国际娱乐使3D激光打标变得简单无比
下一篇:没有了